薬剤師としてスキルアップ

認定薬剤師資格

薬剤師という仕事は免許さえ持っていれば就くことが出来る仕事ではあります。
しかし、常に変化している薬剤に関する知識を取り入れ、さらに高い専門性を目指していく事ができなければ良い薬剤師として活躍し続ける事は出来ません。
そこでここでは、薬剤師としてのスキルアップの方法の一つとして、認定薬剤師資格の取得について紹介していきたいと思います。

認定薬剤師資格というのは、特定の分野において特に高い専門的知識を持っているということを証明するものです。
例えばガン分野に強い薬剤師である、ということを示したり、感染症に強い薬剤師である、ということを示したりすることが出来るようになります。
医師における専門診療科と同じように、薬剤師にとっても自分の専門があるということは強みとなるでしょう。

資格の種類

では、認定薬剤師資格としてはどのようなものがあるでしょうか?ここでは代表的なものを紹介していきたいと思います。
まず1つ目として紹介するのはがん薬物療法認定薬剤師です。
これは名前の通りがん治療に関する薬剤の知識を高く有していることを示している資格となります。

高齢化に伴って、ガンの患者というのも増加の一途をたどっています。
そのため、この資格を活かすことが出来る場というのは今後も広がっていくことが考えられるでしょう。

もう1つとして紹介するのは、漢方薬・生薬認定薬剤師です。
西洋医学の薬剤とは、全く違ったアプローチを行うのが漢方薬や生薬と言われる東洋医学の薬剤です。
この資格を持っているということは、東洋医学の薬剤についても専門的な知識を有しているということが分かることになります。

原因がわからないものの体調が悪い、という場合に効果を発揮する漢方薬は、西洋医学では出来ない治療アプローチを行うことができます。
薬剤師としての仕事の幅を確実に広げてくれるでしょう。