薬剤師もアルバイトがある

復帰がしやすい

一生使える資格があるというのは、一旦は職場を離れても必要な時にすぐに復帰できる安心感があります。
薬剤師の場合、あまりブランクが長いと最新情報に追い付くまで時間とエネルギーをついやしますが、基本的には再就職にはあまり問題になりません。
勿論、調剤薬局の場合調剤ミスのリスクがあるため長いブランクがあると雇用される確率は下がります。

長期のブランクはいかなる職業でも復帰が難しい可能性がありますが、薬剤師として勤務した経験があればドラッグストアや企業への復帰は可能です。
慣れるのに時間がかかるのは薬剤師に限ったことではなく、受け入れ側もそれに必要な時間は計算に入れているはずです。
出来れば、離職前と同様な仕事に復帰する事が望ましく、求人再度も経験者を求めています。

就業形態

近年、医師や薬剤師、看護師などの専門職に特化した求人サイトが急増しています。
薬剤師の求人は一般の求人サイトにも数多く出ていますが、薬剤師専門の求人サイトの方が年収や条件などを設定した抽出もしやすく、多くの薬剤師が複数のサイトに登録しています。
条件検索のキーとなるのが、勤務先の業種、雇用形態、年収、エリアです。

雇用形態は正社員だけでなく、派遣や業務委託、パート、アルバイトなどの選択肢があります。
子育て中の方の場合、時短で働くことが可能な職場を見つけることが出来ます。

Wワーク

薬剤師は年収が良いことからWワークとは無縁と思われがちですが、様々な理由から年収アップを目的にWワークを希望するケースは少なくありません。
例えば土日だけのアルバイトを希望する薬剤師は多いのです。
気を付けなければならないのは、今の勤め先がWワークを認めているかどうかです。
コンプライアンスに抵触すると、本職を失う可能性がありますので事前に就業規則を確認したり人事にヒアリングをしておくことが肝要です。

調剤薬局の薬剤師の場合、夜間にドラッグストアでWワークをするケースは少なくありません。
ただし、製薬会社やメーカーの場合は一般的には週休二日制で土日祝日が休みなため、土日や祝日だけのアルバイトをすることは可能です。
就業時間や出勤日数も融通がきくケースもあり、週1日だけ3時間など、様々な希望にマッチする求人を見つける事ができるのです。

そうした希望を見つけやすいのが前述の薬剤師求人サイトです。
一度検索して希望にかなう求人がなかったとしても、希望条件を設定して定期的にメール送信される様にすれば、希望の求人が見つかる可能性が高くなります。
ダブルワークは今や全ての職業の方が行っており、収入アップの最短距離となっています。

Wワークのデメリット

言うまでもありませんが、本業の隙間を塗って仕事をするのですから、仕事時間が増えるのですから疲労がたまる可能性があります。
疲れが抜けない状態では翌日の仕事に悪影響を及ぼしかねまねん。
調剤薬局での調剤業務はミスが許されず、かなり集中力が必要とされるため、前日の仕事の疲れは残らないようにしなければなりません。