薬剤師の人間関係

薬剤師の人間関係について

薬剤師のようなエキスパートの職業は、他の職業に比べてあまり人間関係が問題にならない、と考えている人は多いのではないでしょうか?
実はこれは全くの間違いです。
薬剤師にも避けられない問題として人間関係が存在しており、多くの人が悩んでいると言えます。

では、薬剤師にとっての人間関係の問題というのはどういった所に存在しているのでしょうか?
それは、一人ひとりが薬剤師に対して持っている仕事観というものが関係しています。
というのも、薬剤師を「あくまでも仕事」と割り切っている人もいれば「社会的使命」と自負している人もいるためです。

前者が後者に対して干渉することはあまりありませんが、後者の人からすると前者の人は真面目にやっていないかのように見えてしまうことも少なくありません。
特に薬剤師や医師などの医療関係の仕事というのは、子供の頃からの目標として目指してきた人も少なくないためです。
こういった仕事観の違いからトラブルが発生すると、お互いがお互いの人生観を攻撃するという、泥沼になってしまいます。

特に問題となりやすいのが、上司の管理薬剤師の方針が自分の考えと違っている場合です。
こういった場合には、やはり大きな問題を抱えることになってしまうでしょう。

人間関係の解決

では、こういった人間関係の問題というのは解決することが出来るのでしょうか?
結論からいって、根本的な解決を見るのは難しいと言えるでしょう。
相手の考えを変える、あるいは自分の考えが変わる、というのは大人になってからでは難しいことです。

しかし、コミュニケーションの取り方などで、問題を大きくしない努力というのは十分することが可能です。
自分は自分、相手は相手と割りきって仕事をしていくことが重要になるでしょう。