薬剤師の転職

a0001_009328

転職を考える

薬剤師の仕事は現場が多いなどの関係から、転職についても考えることが多いのが特徴の一つです。
ただ、そんな時にどのようにして転職を行うべきなのか、ということが知識としてなければ成功しない可能性もあるでしょう。
それでは、薬剤師の転職についてはどのようなことを考えて行うべきなのでしょうか?

これは特に薬剤師に限ったことではないのですが、「自分が何故転職したいのか?」を明確にしておくことが重要になります。
なんとなく漠然と今の仕事が嫌だ、というだけで転職をしたとしても、次の職場が自分にとって満足の行く場所である保障は全くありません。
まずは自分の条件を明確にする所からスタートしなければなりません。

では、転職を考える原因にはどのようなことがあるでしょうか?
まず第一、報酬に関する不満というのが挙げられるでしょう。
薬剤師の仕事は専門性の高さなどから、比較的高給であるのが普通ですが、それでも職場によっては給与や賞与が少ないなどの不満を抱えることも当然あります。

次に二つ目としては、仕事内容に対する不満というのがあるでしょう。
報酬に対してやらなければならない仕事が多すぎるという問題や、自分のやりたいと思っていた仕事とは方向が違う、といった不満がベースとなります。
これらを理由にして転職を行う人も少なくないのではないでしょうか。

そして三つ目はキャリアアップです。
薬剤師という仕事は、段々と知識や技術を向上させていき、より良い仕事が出来るようになっていく仕事です。
そのため、今勤めている現場ではそういったスキルアップが難しく、キャリアを積むことが出来ないと考えれば当然それも転職の理由の一つとなるでしょう。

そして最後、四つ目が人間関係です。
仕事内容などについては特に不満がないものの、同僚や上司に不満があるというのは、その場所から離れたいと考える理由としては十分でしょう。
ただ、この理由における転職は転職先でどのような人間関係が構築されるのか見抜きにくく、成功が難しいと言えます。