水虫を直す基本

女性にも多い水虫の悩み

水虫とは人の皮膚に「白癬菌」というカビ菌が寄生してしまうことにより、皮膚がふやけて湿潤をしたり、強いニオイや痒みを生じるようになってしまう症状のことです。

もともとは中年以降の男性に多い症状として知られて来ましたが、ここ最近では女性で症状を起こす人も増えてきており、年代を問わず罹患する危険性のある病気と言えます。

水虫の怖いところはカビ菌による感染が起こるということで、例えば同居している家族に水虫の人がいた場合、同じタオルを使用したり一緒に床を歩いたりすることにより感染が起こってしまうことがあります。

また家族以外にも公衆浴場やプールといったところで同じように他の保菌者からの感染を受け、自分の症状になってしまうということもあるようです。

水虫を防ぐためには家族ないに既に感染している人がいる場合には直接触れないようにしていくとともに、足に水が触れるような場所ではしっかり清潔なタオルを使って拭くようにしていくことが大切です。

水虫を正しく治療していくために

水虫は大変つらい症状ですが、正しく薬を使って治療をしていけば決して完治ができない病気ではありません。
既に発症をしている場合は皮膚科を受診するかもしくは市販の水虫薬を購入し、適切に薬で治していくようにします。
ただ症状によって効果的な薬などもあるので、市販の薬を利用する場合は薬剤師に相談し選んでもらうと良いでしょう。

ただしこのときに注意したいのが必ず薬を使うときには乾燥をさせた状態でつけるようにし、足先が蒸れないように日々の生活で注意をしていくようにします。

最初に水虫の原因はカビ菌と言いましたが、カビは温かく湿った場所を好むので蒸れやすい靴などを日常的に履いているとそれだけで繁殖を促すことになってしまいます。
そしてただ乾燥させるのではなく、必ず清潔にさせることが大切です。
傷があると、そこに菌が入り炎症を起こしてしまうことがあるので、洗う時も強くこするのではなく優しく洗って下さい。