薬剤師の年収

幅広い

薬剤師の年収と言っても、勤め先の業種によっても異なりますが、500万円前後となっています。
この薬剤師と管理薬剤師でも平均的に100万円ほど年収に差があります。
実際、薬剤師の年収は300万円から700万円と幅広いのです。

賞与は平均80万円前後、月収は約35万円であることから、就職当初一般的な会社員に比べてかなり高いと言えます。
しかしながら、薬剤師にはサラリーマン程の昇給はなく、結果的にはサラリーマンとそれほど大差ないものとなります。
勤め先によっても年収は大きな差がありますが、ドラッグストアなどの場合年収は600万円前後と高く、大手の場合700万円前後のケースもあります。

昇給があまりないとは言え、勤め始めてすぐにそれほどの年収が見込めるとると、若いうちに家や車の様な高額な買い物がたやすい事を意味します。
特に管理薬剤師の収入は高く、長く勤めることができ、年収も高い事から、なりたい職業の上位にランクされるのです。

地域による年収の差

医療系職業の年収に、地域による差があることはあまり知られていません。
実際には都会の方が圧倒的に収入は良く、地方から都市部に転職する薬剤師は少なくないのです。
そのため、地方では薬剤師は常に人材不足が問題となっています。

また、新人薬剤師が不在の2年間が存在します。
薬科大の6年制移行によって、2年の間新卒の薬剤師がいなかったことは、深刻な薬剤師不足を招いたのです。
人材不足となると、資格さえあれば条件の良い職場への転職が容易になることになります。

高額ローン

高収入の薬剤師や看護師は、女性でも住宅ローンを組むことができるのです。
ただし、転職時は注意が必要です。
高額ローンを組み、転職した先が小さな薬局だった場合、年収が上がったものの結果的には依存していた病院が閉鎖したり移転したため、薬局が閉鎖となるケースも少なからずあります。

年収は高くとも、失業のリスクをはらんでいることを忘れることはできません。
安定した職業の筆頭に挙げられる薬剤師ですが、職場が常に安定とは限らないのです。
しかしながら、転職に関してはサラリーマンに比べて成功率が高いことを考えあわせると、リスクよりも安定の方が勝っていると言えるのです。

生涯年収

全体的な平均年収から割り出した生涯年収は、60歳まで働いたと想定して大凡2億円となります。
しかしながら、前述の通り薬剤師は70代になっても資格を活かして働くことができる職業ですから、生涯年収はそれ以上となり得るのです。
また、調剤薬局を開業することで更に年収はアップします。

長い目で見ると、管理薬剤師の生涯年収は一般的なサラリーマンのそれに比べて、かなり高額となります。
その資格を手に入れるためには国家試験に通らなければならず、薬剤師になってからも常に知識を最新に保ち続けなければなりません。
命の現場で働くがゆえのリスクを背負っていることを考えると、その生涯年収はそれに見合うものであると言えるのです。